新しいプラグインを効率よくマスター!【iPhone・iPad編】

Pocket

midi

新しく買ったMIDIキーボードやDAWソフト、そしてプラグインシリーズ。
無事インストールが終わり、ウキウキ気分で開始しようとした所…

「全く使い方が分からない!」なんて経験はありませんか?

そんな時、まず読むのが取扱説明書。
昔はソフトウェアと共に紙で入っている事もありましたが、現在はインターネット上で配布される、説明書のPDFファイルをダウンロードする方法が主流です。

しかし入手したPDFを印刷するのはインク代が掛かります。
とはいえソフトと説明書を同じモニターで見ると切り替える手間が掛かり、なかなか操作が面倒です。

そこで今回は、

「手持ちのスマホ・タブレットにまとめて移して、別画面で見てしまおう!」

という作戦をご紹介します。

※今回はiPhone、iPadを使用する方向けの内容となっております。

 

準備するアプリ

まずはPDFを開くことが出来るアプリを、App StoreからiPhone・iPadにインストールしましょう。

Adobe Acrobat Reader

 iTunesの操作方法

次にパソコンからiTunesを起動し、iPhone・iPadを接続しましょう。

端末マーク

 端末アイコンを選択します。

② ファイル共有を選択します。

③ App内のAdobe Acrobatを選択します。

 パソコン内のPDFファイルが保存されているフォルダを開き、”Adobe Acrobatの書類”エリアにPDFをドラッグ&ドロップすると、端末へのコピーが開始されます。

⑤ 全て終わったらiPhone・iPadからAdobe Acrobatを起動し、ファイルを確認してみましょう。

ipad manual

無事に完了すればこのように、作業画面を邪魔することなく説明書を読むことが出来ます!

 まとめ

以上、パソコンからiPhone・iPadにPDFをまとめて送る方法でした。

直接端末からインターネット上のPDFをダウンロードするのも良いですが、
パソコンで一気にまとめて転送したほうが、とてもスピーディですね。

次回はアンドロイド向きの設定方法をお伝えします。