聴こえる音でストーリー激変!?映像と音の深―い関係

Pocket

 

正体の見えない恐怖!叫び逃げ惑う人々!!掴まったら最後、元には戻れない!

ホラー映画はとても怖いものです。

 

しかしそんなホラー映画ですが、実は音声が無いと怖くないと言われています。

 

不気味な声や近づいてくる足音、パニック状態を表す音楽など、

巧みなテクニックを組み合わせ観客を怖がらせているのですね。

 

では同じ映像で音を変えた場合、どんな雰囲気になるのか!?

 

ということで、今回は音の違いによる印象の違いを試してみたいと思います。

 

音楽が無い状態

 

まずはこちらの映像をご覧ください。

 

 

ゾンビが草原を歩いている映像に、足音を合わせました。※足音の作り方の解説はこちら

正直この映像だけでは、状況が今一つ分かりませんね・・・

 

ここからはこの映像を元に音を付け足し、仮説でストーリーを組み立てたいと思います!

 

街が破壊されゾンビになってしまった住人

 

 

 

こちらは寂しいBGMと、破壊音を加えてみました。

 

住んでいた街があったものの、何らかの理由で破壊されウイルスが飛散!

ゾンビになってしまった可哀想な住人が逃げ出している…

といった雰囲気になりました。

 

人を襲うゾンビまみれの街

 

次は不気味な環境音×うじゃうじゃ発生しているゾンビの声です。

こちらは街の人が全員ゾンビになり、別の街の人を襲いに行く映像になりました。

 

パーティ会場が気になるゾンビ

 

 

最後は隣町のホールで行われているパーティが気になり、中を覗きに行くゾンビです。

扉を開けた後の展開が気になりますが(笑) 大分平和な雰囲気ですね。

 

 

まとめ

 

以上、映像の音を変えるとストーリーはどう変わるかの実験でした。

最後はオチになってしまいましたが…(笑) 音次第で印象が全く違いますね。

 

映像だけでなく普段の生活でも、掛ける音楽によって気分がガラリと変わるものです。

元気がない時にはハッピーな音楽を流して気分転換しましょう(^^)/

 

Pocket