長時間のパソコン作業で目を疲れさせない2つの方法

Pocket

 

パソコンをする方につきものの悩み、目の疲れ。

少しの時間なら良いものの、時間が経つにつれどんどん目がショボショボ・・・

さらにはて目の疲れから、肩こりと頭痛に発展なんてことも!

 

今回はそんな症状を軽減するための、目に優しい使い方を2つご紹介します。

 

PCメガネ

PCメガネ

 

パソコンの画面からはブルーライトという光が発生され、それが目を疲れさせる原因といわれています。

そんなブルーライトをカットしてくれるのが、こちらのPCメガネです。

 

私も数年前にJINSにて半信半疑で買ってみたのですが、これが効果絶大!

今ではパソコンをする際にメガネをしていないと違和感がするほどです(^^;)

 

数年前と比べ今では手ごろな価格のものや、自然な色合いでお洒落に普段使い出来るものなど、どんどん進化しているようですね。

 

JINS PCメガネ

Amazon パソコン用メガネ ランキング

 

メガネですとスマホやタブレットを使う際にも使えて便利ですね!

 

夜間モード

夜間モード

 

夜間モードとはWINDOWS10の Creators Updateより登場した新機能で、

ボタン一つ押すだけでブルーライトの発光を抑えてくれる機能です。

 

夜間モード設定

 

まずはタスクバー右端の【吹き出しマーク】をクリックします。

次に【夜間モード】をクリックします。

 

たった2クリックのこれだけ!とても簡単ですね。

 

 

夜間モード右クリック

 

さらに細かく設定を行いたい時は、以下の方法から行います。

【夜間モード】を右クリック⇒【設定を開く】

 

夜間モード2

【夜間モード設定】【色温度】

ここにあるバーを動かすことで、効果の強さを調整出来ます。

 

まとめ

 

今回はパソコン作業で目の疲れを軽減する方法を2種類ご紹介いたしました。

夜間モードは手軽で便利ですが画面の色合いが変わってしまうので、

デザイン関係の作業をする方はPCメガネの方がおすすめです。

 

小まめに休憩と組み合わせながら、疲れを減らして快適なPC生活を送りたいですね(^^)

 

 

 

Pocket