コンプレッサーって何?基礎を学ぼう ②Attack&Release

Pocket

Comp_attack_release

前回の記事では、コンプレッサーのThresholdとRatioについて学びました。

Thresholdは「この音量を超えたら圧縮する」という基準を決め、
Ratioは、「どのくらい強く圧縮するか 」を決める。

という内容でしたね。

今回は次のコントローラー、
Attack(アタック)Release(リリース)について学んでいきましょう。

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

Attack

まずはAttackについて確認していきましょう。 Attackは、

「基準音量を超えたらすぐに圧縮を開始するのか、少し経ってから圧縮するのか」
を決めます。設定する数値により、以下のように変化します。

Attackが速い(数値が小さい)場合
Attack_Short

Attackが速い(数値が大きい)
大きい音が鳴ったらすぐ圧縮するので、密度の高い音になる。

Attackが遅い(数値が大きい)場合
Attack_Long

Attackが遅い(数値が大きい)
大きい音が鳴っても少し遅れてから圧縮を開始するのでキレのある音となる。

違いの確認

同じ音源にコンプレッサーを掛けたものを、ご用意しました。
前半がAttackを速く設定したもの、後半がAttackを遅く設定したものです。

今回は極端な設定ではありますが、密度がある音とキレのある音の違いを確認いただけるかと思います。

Release

次はReleaseを確認していきましょう。Releaseは、

「音量が下がったらすぐに圧縮をやめるのか、しばらく圧縮し続けるのか」
を決めます。設定する数値により、以下のように変化します。

Releaseが速い場合
Release_Short

Releaseが速い(数値が小さい)
音量がThreshold以下になったら圧縮をすぐ止めるので、音が前に出て聴こえる

Releaseが遅い場合
Release_Long

Releaseが遅い(数値が大きい)
Threshold以下になってもしばらく圧縮をし続けるので、音が奥まって聞こえる

音の確認

同じ音源にコンプレッサーを掛けたものを用意しました。
前半がReleaseを速く設定したもの、後半がReleaseを遅く設定したものです。

リリースが速い
リリースが遅い

かなり極端な設定にはしてありますが、
Releaseが速いと圧縮をすぐ解除するので、音が前に出た印象・時には後半から音量が上がるようにも聴こえるかと思います。

それに対してReleaseが遅いと長く圧縮し続けるので、スゥーッっと音量が下がっていく印象です。

コンプレッサーのイメージ

さて、ここからは今まで学んだ【Threshold】【Ratio】【Attack】【Release】を再確認していきましょう。

今回はコンプレッサーを物語に例えてみました。

Comp_story_1

ある日、少年がモグラたたきを行っていました。
少ししか頭を出さないモグラもいますが、思い切り頭を出すモグラもいます。

■この少年がコンプレッサーで、モグラが音量です。

Comp_story_2

少年は少ししか頭を出さないモグラには反応せずにいたのですが、
顔を完全に出したモグラは叩こうと決めていました。

そしてついにモグラが顔を完全に出したので反応し、ハンマーを振り下ろしました!

■この少年が反応する基準を決めるのが、Thresholdです。

Comp_story_3

少年が反応してからハンマーをモグラに当たるまでに、少し時間がかかりました。
その間にモグラはさらに飛び出しました!

■このハンマーが当たるまでにかかる時間が、Attackです。

Comp_story_4

見事にハンマーがモグラに当たりました!

■ ハンマーをどの位の強さで当てるかを決めるのが、Ratioです。

モグラにハンマーが当たってから少年がハンマーを元に戻すまでに、少し時間が掛かりました!

■ ハンマーが元に戻るまでの時間がReleaseです。

~Fin~

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コントローラーが沢山ある機種もありますが、基本のこの4つさえ使えれば、綺麗に音を整えることが出来ます。

また、当スタジオオリジナルDTM学習アプリ「DTM DRILL ASSISTANT」では、
実際にDAWを操作しながら学ぶことができ、記事にはない練習問題もご用意しております。

この機会に是非お試しくださいませ。

Pocket