CUBASE フェードイン・フェードアウトテクニック

Pocket

フェードテクニック

 

録音したギター・ボーカルなどの音声ファイルや完成した楽曲を、徐々に音を大きくしたり小さくしたりしたい。

そんな時は【フェードイン】【フェードアウト】というテクニックを使います。

基本から応用編まで、ひとつずつ確認していきましょう。

環境・出典:CUBASE9.5

 

解説動画

 

 

基本テクニック

 

フェードイン・アウト1

 

イベントの右上を左にドラッグすると、徐々に音を消すフェードアウト

逆に左上を右にドラッグすると、徐々に音を大きくするフェードインを設定できます。

 

設定すると波形の見た目が変化するので、音の変化が分かりやすいですね。

 

フェードの編集

 

フェードイン・アウト2

 

【フェードエディター】を使うと、フェードのカーブを調整することが出来ます。

タイトルバーの【Audio】【フェードエディターを開く】と進みましょう。

 

フェードイン・アウト3

 

下に8種類カーブが用意されてます。カーブを選択し【適用】を押すとカーブが適用されます。

視聴しながら気に入ったカーブが見つかったら【OK】を押して確定しましょう。

 

フェードインとフェードアウトを両方設定している場合は、先にフェードアウトの設定後、フェードインの設定画面が表示されます。

 

フェードの編集 応用編

 

フェードイン・アウト4

 

フェードエディターでは、自分で細かくカーブを描く事が可能です。

思うように音量が変化してくれなかった時は、自分でカーブを作ってみましょう。

 

波形上の黒い点【マーカー】は、ドラッグして自由な位置に移動する事が可能です。

また、線の上でクリックすると新たにマーカーを設置することが出来ます。

 

上の【補間ラインの種類】から、カーブの滑らかさを変更することが出来ます。

 

また、これらの設定を最初の状態に戻したい場合は、右上のボタンを押します。

 

まとめ

CUBASEでオーディオファイルをフェードイン、フェードアウトする方法をご紹介しました。

フェードインとフェードアウトを組み合わせれば、急に音が鳴ったり切れたりする事を防いだり、複数のオーディオ同士をスムーズに繋げることが出来ます。

 

是非活用してはいかがでしょうか(^^)

 

Pocket