CUBASE付属!GROOVE AGENT SE5 を使ったドラム打ち込み入門

Pocket

今回はCUBASE 10の全てのバージョンに付属しているドラムソフト、
GROOVE AGENT SE 5 を使ってドラムの打ち込み方をご紹介します!

こちらのソフトはアコースティックからデジタルサウンドまで、豊富な音色が収録されています。

CUBASE 8~9.5に付属のGROOVE AGENT SE 4をお持ちの方も、基本的な打ち込み方は同じなので是非お試しください。

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

DTM-DRILL-ASSISTANT-post

GROOVE AGENT SE 立ち上げ

まずはGROOVE AGENT SEを立ち上げましょう。
トラックリスト上にある 【+ボタン】 ⇒ 【インストゥルメントトラック】と進みます。

【インストゥルメント】から【GROOVE AGENT SE】を選択しましょう。

ソフトが立ち上がりました!画面の見方をご説明します。

ドラムキット選択ここからドラムの音色を選択できます。
パッドクリックすると様々なドラムの音色が鳴ります。
バンクパッドをまとめたものです。4×4のパッドセットが 合計8つ使えます。
編集画面音色を編集や、音量の調整が出来ます。

音色の選択

起動した時はドラムキットが選ばれておらず音が鳴らない状態なので、音色を選択してみましょう。

【Kit 1】の上ををクリックすると、上半分にドラムキットの種類を検索できるフィルタ画面、下半分にフィルタによる検索結果(ドラムキットを選ぶ画面)が現れます。

まずはフィルタ画面の 【Style】の中からから好きなドラムタイプを選びましょう。

すると下に検索結果が表示されるので、好きなキットをダブルクリックして読み込みましょう。 今回はオーソドックスな音色の【Rock Kit 1】を選択します。

検索結果に何も出ない時は?

フィルター左上のリセットボタンをクリックしましょう。

音の確認

これでドラムキットが読み込まれました!リズムを作る上で基本となる音は、
キック・スネア・ハイハットの3つです。

パッドをクリックすると先ほど選んだドラムキットの音色が出ますので、
今回使う3つが鳴るパッドを鳴らしてみましょう。

キック:「ドン」 スネア:「パン」 ハイハット:「チッ」 という音が出たかと思います。