1900年代にタイムスリップ!CUBASE Grungelizerを解説

Pocket

DAWでエフェクトを使うとなると、音量を整えるコンプレッサー、音質を調整するイコライザー、響きを加えるリバーブなどと、音を整えて綺麗に聴かせる使い方が多いかと思います。

しかし整えて綺麗に聴かせる為のものばかりではなく、あえて音質を落として独特な世界観を作り出す使い方が出来るエフェクトも存在します!

前回の記事では音を整えるたの定番エフェクトをご紹介しましたが、
今回はレトロかつクリエイティブな音作りが出来るエフェクトとして、CUBASEに付属するGrunzilizerをご紹介します。

環境・出典:WINDOWS10 PRO、CUBASE PRO 9.5

Grungelizer
グランジェライザー

こちらは音源にノイズや静電気を加え、
古いレコードや電波の悪いラジオを聴いているような効果を出すエフェクトです。

懐かしさや哀愁感を演出できますので、レトロ・ローファイ
なサウンドが欲しい時にオススメです。

プロのこんなイントロサウンドも再現できます。

使い方

まずはトラックにエフェクトを立ち上げましょう。
GrungelizerはDistortionグループの中に入っています。

操作方法は簡単で、欲しい効果のつまみを回すだけ!
次のページから一つずつ解説します。