【初心者向け】初めてのMIDIを打ち込み、作曲デビューしよう!

Pocket

CUBASEのインストールが終わったら、早速音を打ち込んでみましょう!
今回はメロディを打ち込むための基本操作をご紹介します。

※ソフト音源を立ち上げたことが無い方は、以下の記事を先にお読みいただく事をお勧めします。

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

打ち込みについて

CUBASEにメロディを打ち込む方法としては、以下の方法があります。

 ①リアルタイムでMIDIキーボードを演奏する

鍵盤の演奏に自信がある方にオススメです。多少のミスタッチやテンポのずれがあっても、後で簡単に揃えたり修正したりすることが可能です。

 ②マウスで打ち込む

演奏に自信がない方でも、マウスでドラッグすれば簡単に打ち込むことが可能です。また速弾きなどテクニカルなフレーズを打ち込みたい時もおすすめの方法です。

今回は入門編として「②マウスで打ち込む」方法をご紹介します。

楽器音源の準備

インストゥルメントトラック立ち上げ

音を出すためには「インストゥルメントトラック」と呼ばれる楽器ソフトを立ち上げる必要があります。
今回は「Halion Sonic SE」を以下の手順で立ち上げます。

手順

トラックを追加 ⇒ インストゥルメント ⇒ Halion Sonic SE ⇒ トラック追加

音源選択

MIDI CUBASE (8)

ソフトが立ち上がりました。今回はスロット1グランドピアノを読み込みましょう。

手順

①LOAD ⇒ ②スロット1 ⇒ ③PIANO ⇒
④A.PIANO ⇒ ⑤[GM001] Acoustic Grand

MIDIトラック立ち上げ

次は打ち込むための MIDIトラック を立ち上げましょう。
なお、チャンネルはHalion Sonic SEのスロットに合わせ「1」に設定します。

手順

トラックを追加 ⇒ MIDI ⇒ トラックを追加チャンネル「1」

アウトプットのルーティング

MIDI CUBASE (2)

MIDIトラックを立ち上げると「アウトプットのルーティング」 がHalion Sonic SE に自動的に設定されています。
これは、「このMIDIトラックはHalion Sonic SEを使いますよ」という意味です。

万が一設定されていない場合は、左のインスペクターから設定しましょう。

イベント作成

MIDI CUBASE (3)

鉛筆ツール2~3小節までイベントを描きましょう。
その後 オブジェクトの選択 ツール に切り替えておきましょう。

キーエディタ―(ピアノロール)

イベントをダブルクリックすると、下ゾーンに打ち込み用の「キーエディタ」と呼ばれる画面が表示されます。
このままだと画面が小さいので最大化しましょう。