ビデオの挿入&書き出しを行おう【CUBASE 音声編集入門】

Pocket

ビデオトラック

■挿入する秒の準備

立ち上げたビデオトラックに動画を取り込みましょう。

2秒目_ビデオトラック_CUBASE

まずは ルーラー上をクリックし、2秒目に合わせておきましょう。
これで再生時間が分かりやすくなります。

■ビデオファイル取り込み

ビデオトラック_CUBASE (4)

次は動画を読み込みます。

ファイル> 読み込み> ビデオファイル >ダウンロードした Video.mp4 を選択しましょう。

これにて動画と音声が読み込まれます!

POINT
ビデオトラック_CUBASE (5)

今回行った動画の取り込みは、直接ファイルをビデオトラック上にドラッグ&ドロップしても可能です。

■フレームレートの設定

ビデオトラック_CUBASE (6)

動画を取り込んだところ、
「プロジェクトとビデオのフレームレートが一致しません」と表示されてしまいました。

これはCUBASE側の設定と、動画の設定が違う為に発生します。

■フレームレート設定

ビデオトラック_CUBASE (3)

動画のフレームレートにCUBASE側の設定を合わせたいと思います。

CUBASE上部 ステータスバーにある

フレームレート > ビデオからフレームレートを取得 > OK
と選択しましょう。

■結果

ビデオトラック_CUBASE (7)

これで フレームレートの設定が合い、先ほどの表示が消えました!

フレームレートとは?

1秒あたりに処理される動画のフレーム数の事です。
動画により設定されているフレームレートが違うので、CUBASEに取り込んだらまず合わせておきましょう。

■ビデオプレイヤーを表示する

次はビデオプレイヤーを開きたいと思います。

ビデオトラックをダブルクリックするとビデオプレイヤーが表示されます!
なお、F8キー を押しても同様に開閉が可能です。

■再生・サイズ変更

ビデオプレイヤーを開いた状態で再生してみましょう。再生バーと共に映像が動いているのが確認できます。

次はビデオプレイヤーを右クリックしてみましょう。
すると表示するサイズを選択することが出来ますので、見やすいサイズに切り替えておきましょう。

次はオーディオの編集と、ビデオの書き出し方法をご紹介します。