ビデオの挿入&書き出しを行おう【CUBASE 音声編集入門】

Pocket

オーディオファイルの編集

次は動画のオーディオファイルを編集してみましょう。

ビデオトラックに動画を読み込むと、自動的にオーディオトラックが挿入されます。
今回は試しに、オーディオファイルにフェードイン・フェードアウト処理をしましょう。

オーディオイベントの左上・右上をドラッグすればフェード処理完了です。

書き出し

動画の取り込み・再生とオーディオ編集、お疲れ様でした。

CUBASE10.5からビデオの書き出しが出来るようになりましたので、
先ほど編集したオーディオを合わせた動画を書き出してみましょう。

書き出し範囲選択

動画の書き出したい部分を範囲選択します。今回は動画全体を書き出します。

動画を選択 > P  で動画に合わせて範囲が選択されます。

ビデオ書き出し

ビデオトラック_CUBASE (8)

範囲選択出来たら書き出しを行います。

ファイル > 書き出し > ビデオ と進みましょう。

■保存場所・名前の選択

ビデオトラック_CUBASE (9)

ファイル名と 書き出す場所 を決めたら、ビデオ書き出し】を選択します。
これにて書き出し完了です!保存したものを確認してみましょう。

※設定できるビデオ形式は mp4 /H.264 のみとなっています。

まとめ

今回はCUBASEへの動画の挿入・書き出し方法をご紹介しました。

元々CUBASEは楽曲制作ソフトなだけあり、
エフェクトやその他オーディオ用の機能が多くかつ操作性が良いです。

動画編集ソフトで動画を編集、CUBASEでオーディオを編集する事により、
スムーズに作品作りができることと思います。

なお、この記事の内容は当スタジオのオリジナルDAW学習アプリ、
「DTM DRILL ASSISTANT」で学ぶことが出来ます。

CUBASEを開きながら実際に操作できるほか 練習問題もご用意しているので、
是非この機会にご利用ください。