耳に響く高い音「サシスセソ」を除去するエフェクト【DeEsser】~音声編集入門~

Pocket

ナレーションや歌声を聴いた時に高い音、
特に「サシスセソ」の音がうるさく感じる事はありませんか?

これは元々の声質が原因の場合もありますが、録音の際にマイクに近づきすぎたり、
全体にイコライザー処理を行ったりした場合におこります。

これらの不快な音は「歯擦音(しさつおん)」と呼ばれています。

今回はその歯擦音を抑えてくれる「DeEsser(ディエッサー)
というエフェクトの使い方をご紹介します。

今回練習に使う音源は以下から入手可能ですので、ご自由にダウンロードしてお使いください。

※48kHz 24bit ※個人利用の範囲内でお使いください

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10、DeEsser

音声の確認

エフェクトの効果を確認できる音声をご用意しました。
前半は元の音源、後半はディエッサーを掛けた音源です。

前半は「S」の部分、特に「ンデー、ウェンデー、タデー」
の高音がきつく感じられるかと思います。

後半のディエッサーを掛けたあとは、耳障りな高音が抑えられ声が聴きやすくなっていますね。

仕組み

DeEsserの役割

ディエッサーは、

「サシスセソ」の音が不快に聴こえる音量まで上がった時に、そこだけコンプレッサーを掛けて抑えるエフェクト

だと思っていただければと思います。

高音域を抑えるだけならイコライザーで削ってしてしまえばよいのでは?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

イコライザーを使うと、常に高音域を削ってしまうので、
不快ではない高音域までも削り、音がこもってしまう可能性があります。

そこで、このような専用のエフェクトを使って抑えていくのです。

それでは早速、CUBASEのトラックにDeEsserを挿入していきましょう!

準備

DeEsserサイクル再生

ダウンロードした【 De_Month.wav 】をDAWに読み込み、サイクル再生モードにましょう。

DeEsser 立ち上げ

トラックに DeEsser を挿入します。
Insert > スロット1 > Dynamics > DeEsser

コントローラー・画面

DeEsser 画面

DeEsserが立ち上がりました!画面とコントローラーについてご説明します。

ディスプレイ

ディエッサー_スペクトラム

現在再生されている音域をグラフで表す「スペクトラム」が表示されます。

・境界線を左右にドラッグすれば、設定したい周波数帯域を調整する事が可能です。
・周波数帯域の範囲内を左右にドラッグすると、範囲を移動することが出来ます。
・SHIFT+左右にドラッグすると、周波数帯域の幅を変えることが出来ます。

また、以下のFilterから細かく数値を設定する事も可能です。

Filter

DeEsser フィルター

DeEsserを掛けたい音域の設定・確認が出来ます。

LO左側の境界線の周波数帯域を設定します。
HI右側の境界線の周波数帯域を設定します。
SOLO選択した周波数帯域のみを再生できる状態にします。
このモードにすると耳障りな帯域を狙いやすくなります。
DIFFDeEsserにより取り除かれる音のみを再生します。
このモードにすると、狙った音だけが抑えられているかを確認することが出来ます。

Dynamics

DeEsser ダイナミクス

Filerで決めた音域の音量を、どの位抑えるか決めることが出来ます。

REDUCT
(リダクション)
歯擦音を抑える強さを調節します。
THRESH
(スレッショルド)
どの位の音量を超えたら、歯擦音を抑えるか決めます。
AUTOにすると、自動で調整されます。
RELEASE
(リリース)
スレッショルドを下回った時に、どのくらいの時間でエフェクトの効果がゼロになるかを設定します。

実践編

DeEsser スペクトラム

これから設定を行うのですが、手順としては

音量を抑えたい周波数帯域を設定
音量を圧縮する量を設定

という流れで進めていきます。

スペクトラムについて

DeEsser スペクトラムの山

DeEsserを立ち上げた状態で音声ファイルを再生すると、スペクトラムが表示されます。
「サシスセソ」が目立つ音域はナレーターの方の声質にもよりますが、 3.5~8kHz辺り です。

今回の音声は「サシスセソ」を発声した時に 7~8kHz周辺 に山があるのが確認できます。

DeEsserの設定

スペクトラムを基にDeEsserを設定していきましょう。

リダクションをMAXスレッショルドをAUTOに設定しましょう。

② ディスプレイにある左右の白い縦線を動かして、出来るだけ狭くしておきましょう。

③ 幅が設定出来たら、選択範囲の中心をドラッグして山の周辺に移動させます。

④ 移動していき、不快な高音が一番カットされる場所で止めます。

⑤ その場所を基準に、左右の白い縦線の幅を広げていきます。※SHIFT + 右へドラッグ
※広げすぎると必要な高音域まで抑えてしまうので、不快な音のみ消えるポイントを探しましょう。

⑥ あとはリダクションを下げていき、カットする量を調整すれば設定完了です!

ポイント
DeEsser DIFF

【DIFF】をオンにすると、抑えられる音のみ視聴できます。
設定が一通り終わった後にオンにして確認してみましょう。

まとめ

今回はナレーションの高音をカットする「DeEsser(ディエッサー)」をご紹介しました。

小さい音量では目立たなくても、大きい音量で鳴らすと不快な高音が目立ってしまう事があります。
長時間大音量で聴く可能性を考え、耳障りな高音は前もってカットしておきましょう!

なおこれらの内容は、当スタジオオリジナルアプリでDAWを操作しながら学ぶことが出来ます。
練習問題もご用意していますので、この機会に以下のバナーから是非ご利用ください。