MA(音声編集)

耳に響く高い音「サシスセソ」を除去するエフェクト【DeEsser】~音声編集入門~

実践編

DeEsser スペクトラム

これから設定を行うのですが、手順としては

音量を抑えたい周波数帯域を設定
音量を圧縮する量を設定

という流れで進めていきます。

スペクトラムについて

DeEsser スペクトラムの山

DeEsserを立ち上げた状態で音声ファイルを再生すると、スペクトラムが表示されます。
「サシスセソ」が目立つ音域はナレーターの方の声質にもよりますが、 3.5~8kHz辺り です。

今回の音声は「サシスセソ」を発声した時に 7~8kHz周辺 に山があるのが確認できます。

DeEsserの設定

スペクトラムを基にDeEsserを設定していきましょう。

リダクションをMAXスレッショルドをAUTOに設定しましょう。

② ディスプレイにある左右の白い縦線を動かして、出来るだけ狭くしておきましょう。

③ 幅が設定出来たら、選択範囲の中心をドラッグして山の周辺に移動させます。

④ 移動していき、不快な高音が一番カットされる場所で止めます。

⑤ その場所を基準に、左右の白い縦線の幅を広げていきます。※SHIFT + 右へドラッグ
※広げすぎると必要な高音域まで抑えてしまうので、不快な音のみ消えるポイントを探しましょう。

⑥ あとはリダクションを下げていき、カットする量を調整すれば設定完了です!

ポイント
DeEsser DIFF

【DIFF】をオンにすると、抑えられる音のみ視聴できます。
設定が一通り終わった後にオンにして確認してみましょう。

まとめ

今回はナレーションの高音をカットする「DeEsser(ディエッサー)」をご紹介しました。

小さい音量では目立たなくても、大きい音量で鳴らすと不快な高音が目立ってしまう事があります。
長時間大音量で聴く可能性を考え、耳障りな高音は前もってカットしておきましょう!

なおこれらの内容は、当スタジオオリジナルアプリでDAWを操作しながら学ぶことが出来ます。
練習問題もご用意していますので、この機会に以下のバナーから是非ご利用ください。