やまびこ効果!3種類のディレイ(Delay)を学ぼう ~基本編~【音声編集入門】

Pocket

ステレオディレイ

立ち上げ

delay19

最後は先ほどのPingPongDelayは削除し、StereoDelayを挿入しましょう。

Insert > スロット > Delay > StereoDelay

StreoDelayについて

delay20

StereoDelayが立ち上がりました!

StereoDelayは左に「Delay1」右に「Delay2」と、MonoDelayが二つ並んだような形になっており、それぞれ反響を返したい左右の位置(PAN)を自由に設定することが出来ます。

例えば、
・左ははっきりとした反響が一回のみ、右は細かい反響が長く続く

など、PingPongDelayに比べて細かく自由度が高いのが特徴です。

ステレオディレイ 設定例

設定の仕方は自由ですが、3パターンの例をご用意しましたのでご確認ください。

※ 全て最初に鳴る音は実音であり、反響ではありません 。

設定例 1

【左 (L100%) から700msの反響】【 右 (R100%) から1000msの反響】が それぞれ1回のみ鳴る設定です。

設定例 2
StreoDelay2

【やや左(L34%)から300msの反響】【右 (R100%) から850ms】の反響がある設定です。

設定例 3
StreoDelay3

【左 (L100%) から250msの反響】【やや左 (L35%) から850msの反響】がある設定です。

まとめ

今回はCUBASEに付属する3種類のディレイの基本編を ご紹介しました。

ディレイをかけて映像と馴染ませたり、空間や心情を演出したり、魔法効果を演出したり…と多くの場面で大活躍するエフェクトです。

なお、これらの内容は当スタジオオリジナルアプリ「DTM DRILL ASSISTANT」で操作をしながら学ぶことが出来ます。是非お試しください。