音楽データをバンドで共有しよう Dropbox編

Pocket

dropbox バンドで共有

バンドやグループで活動をしていると、
録音したり制作した音楽データを共有したい場面があるかとあります。

そんな時LINEで送ると音質が落ちるし、メールだと毎回送るのが面倒・・・
今回はそんな方にオススメの方法をご紹介します!

Dropbox

dropbox 共有

Dropboxはオンライン上にファイルを保管し、メンバーと共有する事が出来るツールです。
パソコンでもスマートフォンでも利用することができ、一度共有フォルダを作ったらメンバー全員で編集やダウンロードができます。

それでは早速使い方を確認していきましょう!

登録方法

dropboxmusic1

出典:Dropbox

Dropbox 公式サイト

Dropbox公式サイトにアクセスします。
初めて使う方は右の画面に必要事項を入力し、登録しましょう。
既にモバイル版などを使われている方は、【アカウントにログイン】からログインしましょう。

※このURLは今後使いますので、お気に入りに登録しておく事をお勧めします。

出典:Dropbox

初めてアカウントを作った方は、次にこのような画面が出てきますが、
登録は完了していますので一度画面を閉じてOKです。

メールアドレスの認証を行います。
届いたメールを開き、【メールアドレスを確認】をクリックします。

するとメールアドレスの認証が完了し、Dropboxの画面が開きます。
完了】を押すと準備は完了です。さっそく共有するフォルダを作ってみましょう!

共有フォルダの作成

dropbox共有

出典:Dropbox

① 左の【自分のファイル】を選択します。

② 右の【新しい共有フォルダ】を選択し、【新規フォルダを作成し共有する】を選びます。

共有先1

出典:Dropbox

③ 上記の画面が出たらフォルダ名を入力し、共有したい相手のメールアドレスを入力します。
アドレスの横は【編集可能】を選択しましょう。これによりメンバー全員でこのフォルダに音源を追加したり削除したりすることができます。

④ 両方入力すると下に【共有】ボタンが現れますので、クリックしましょう。

dropbox 音楽 アップロード

出典:Dropbox

⑤ 共有フォルダが出来上がりました!
他に共有したいメンバーがいる場合は右の【フォルダを共有】を選択し、再度同じように宛先を追加してください。

⑥ あとは共有したい音楽データを画面にドラッグ&ドロップするだけで、簡単に共有できます!

まとめ

今回はDropboxを使った楽曲の共有方法をご紹介しました。
スマートフォンでもパソコンでも、Dropboxを開くだけですぐ音源が確認出来るのでとても便利です!

新曲を確認してもらったり、打ち込みのデータをやり取りして各自レコーディングして1曲完成させる、なんていう事も可能なので是非活用していきたいですね。