イコライザー超入門!効果や使い方を学ぼう Part 1

Pocket

イコライザー_1

音質を調整するのに欠かせないエフェクト“イコライザー”

聞いた事はあるけど、難しい名前のコントローラーだらけで使い方が分からない!
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はイコライザーを使う事により期待できる効果や、画面の見方・使い方を解説します!

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10、StudioEQ

DTM-DRILL-ASSISTANT-post

イコライザーとは?

イコライザーの効果

イコライザーとは、
音を 低い音~高い音 に分けて、音量を調整できるエフェクトです。

例えば、

・「高音がキンキンうるさいから、そこだけ下げたい!」

・「もっと低音が効いた音にしたい!」

という希望が、イコライザーを使えば実現できます!

参考音源

実際にイコライザーを使うとどのような効果があるのか確認してみましょう。
こちらは、ナレーションを以下の順番で調整した音源です。

元の声 こもった声スッキリした声 古いラジオ風

このように音質の補正から、大胆な音作りまで可能なエフェクトです。

周波数について

イコライザー_2

イコライザーを見ると、20Hz, 50, 100, 200, 500, 1kHz…のように、数字が並んでいます。

これが周波数です。数値が小さいほど音が低く、大きいほど音が高くなっています。

単位はHz(ヘルツ)となっており、1,000Hzは 1kHz(キロヘルツ)と表記されています。

調整したい周波数を選んだあと、ブースト(増幅)したり、カット(減衰)したりして音質を整えていきます。

イコライザーのタイプ

イコライザーには2つのタイプがあります。

グラフィック・イコライザー

イコライザー_3_グラフィックイコライザー

グラフィック・イコライザーは、周波数ごとにスライド式の音量がいくつもついており、
それを動かしてブースト・カットさせることが可能です。

シンプルで素早く調整出来るタイプなので、ライブ会場のPAでも使われています。

パラメトリック・イコライザー

イコライザー_4_パラメトリックイコライザー

DAWでよく使われているのが、こちらのタイプです。
こちらは周波数やカーブの形を細かく調整する事が可能です。

今回は CUBASE 10 に付属しているStudioEQという、
こちらのタイプのイコライザーを使って解説していきます。

違うイコライザーをお使いの方でも、基本的な使い方は同じですので是非ご確認ください。

立ち上げ方

イコライザー_5_インサートに挿入

まずはオーディオトラックにイコライザーを立ち上げましょう。

Inserts一番上のスロットEQStudioEQ

画面の見方

イコライザーが立ち上がりました!画面の見方をご説明します。

イコライザー_6_画面の見方
バンド

低音域・中低音域・中高音域・高音域 の4つのバンドが用意されています。
各バンドに以下のコントローラーが用意されています。

Freq調整する周波数を決めます。
Q周波数の幅を決めます。
Gain選んだ周波数の音量を、増減させます。
Filter Typeフィルターのタイプを変更します。
Activate/Deactivate Bandバンドの有効・無効を切り替えます。
カーブ表示

現在のイコライザーの設定を、カーブで確認できる画面です。

ResetALT+クリックで全ての設定をリセットします。
Spectrumスペクトラムアナライザーを有効にします。 
アウトプット

イコライザーを設定した後に出力する音量を調整します。
Autoにすると、自動的に適切な出力音量となります。