Halion Sonic SE入門 pt.2 ソフト一つで16種類の音色を出す方法

Pocket

Halion Sonic SE pt.2

今回はCUBASE付属のマルチ音源【Halion Sonic SE】を使い、最大16種類の楽器の音色を鳴らす方法をご紹介します。

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10、Halion Sonic SE 3

※ソフトの音色選択方法については、前回の記事をご確認ください。

ソフト立ち上げ

まずは以下のトラックを立ち上げましょう。

・インストゥルメントトラック(Halion Sonic SE)×1
・MIDIトラック×16

インストゥルメントトラックとMIDIトラックの違い

Halion Sonic SE pt.2-4

まずはトラックの違いを確認していきましょう。
インストゥルメントトラックとMIDIトラックは、左側のマークで見分けられます。

役割としては以下の違いがあります。

インストゥルメントトラック:楽器ソフト本体のトラック
MIDIトラック:演奏情報を入力するトラック

ここで、「同じソフトで楽器を何種類も鳴らしたい場合、インストゥルメントトラックを複数立ち上げればよいのでは? 」と普通なら考える所ですが、

同じインストゥルメントトラックを沢山立ち上げると、デメリットがあります。

例えるなら以下のような状況です。

イメージ
Halion Sonic SE pt.2

インストゥルメントトラックさんは最大で16個の音色を運ぶことが出来ます。
社長は 彼に給料1万円を払って、MIDIトラック株式会社へ音色を1つ運んでもらっています。

給料=パソコンに掛かる負荷です。

ある日、MIDIトラック株式会社から新たな音色の注文が15個入りました。

ここで社長は、インストゥルメントトラックさんは音色を1個しか運べないと思い込み、新たに15人雇ってしまいました。

するとどうでしょう!

本当は1人だけで済むはずが、15人雇ったので給料が16万円も発生してしまう上、
一人一人指示をしなくてはならず効率が悪くなりました。

CUBASE上では

支払う給料が増える: PCに負荷がかかる
指示が大変:     ソフトが分かれていて設定が面倒

という状況です。

パソコンに負荷がかかるとスペックが足りないパソコンの場合は動作が重くなり、
録音・再生中に音が途切れ最悪フリーズする可能性があります。

※厳密には単純計算で負荷16倍というわけでは無いですが、分かりやすくこのような表現にしました。

そこで社長は、インストゥルメントトラックさん1人に音色を16種類積んでもらい、 MIDIトラック株式会社へ音色を届けてもらいました。

すると給料(PC負荷)は一人分で済み、全ての音色を素早く届ける事が出来るようになりました。

~おわり~

まとめ

要約すると、メリットとしては以下の点が挙げられます。

■PC負荷が少なくなる
■ ソフトが一つなので、音色調整の度に別のソフトを開かなくてもよい
■ 各音色の音量バランスなども、一つのソフトなので素早く変更できる

次のページからは実際にCUBASEで設定していきましょう!