MIDIキーボードでリアルタイムドラム録音 入門編

Pocket

drum real time recording

前回はコードをリアルタイム録音する方法をご紹介しました。
次はドラムを打ち込んでいきましょう!

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

ソフト音源準備

GROOVE AGENT SE 設定

まずはドラム音源のGROOVE AGENT SEを立ち上げましょう。
立ち上げたら好きなキットを選択し、ドラムマップをオンにしておきましょう。

※GROOVE AGENT SEを初めて使う方はこちらの記事へ

録音前の設定


次にMIDI録音モードを以下のように設定しておきましょう。

MIDI録音モード

MIDI録音モード

MIDIリニア/サイクル録音: マージ

意味:重ねて録音した際に、一つのイベントにまとめます。 

MIDIサイクル録音のみ: 最終テイクを保存

意味:繰り返し録音した際、最終テイクのみ保存します。

範囲選択・テンポ

録音設定

2~4小節目を範囲選択し、サイクル録音をオン・ テンポを 90に設定しましょう。

鍵盤の位置

今回も基本の3点、 キック・スネア・ハイハット を使っていきます。
鍵盤の指の位置に決まりはありませんが、以下のように手を置いてみましょう。