フェーダーの操作を学ぶ!MixConsoleで音量調整する方法【ミックスダウン入門】

Pocket

実践

音量を調整

フェーダーをドラッグして、Kickの音量を上げ下げしてみましょう。音量が変わりましたね!
メーター下には現在のフェーダーの音量(チャンネルボリューム)が数値で表示されています。

音量を微調整

もっと細かく音量調整を行いたい場合は、SHIFTを押しながらフェーダーを上下してみましょう。 微調整することが出来ました!

フェーダーの位置を元に戻す

フェーダーを元の位置に戻す

フェーダー上を【 CTRL(Command)+クリック 】すると、元の位置(0.0)に戻すことが出来ます。素早く元の音量にしたい時便利ですね!

インスペクター

インスペクター

先ほど操作したフェーダーは、各トラックのインスペクターのフェーダーとも連動しています。

次はそちらも確認していきましょう。

インスペクターとMixConsole

トラックのインスペクターにある「フェーダー」部分を見ると、MixConsoleのフェーダーと連動しているのが分かります。どちらで調整しても問題ありませんが、

作曲中に1つの楽器の音量調整をする場合はインスペクター
全体を聴きながらミックスする時はMixConsole

というように使い分けると便利かと思います!

次のページからは作業効率を大幅に上げる、フェーダーを一度にまとめて調整する方法をご紹介します。