拍・BPMを学ぼう -音楽理論入門-

Pocket

拍・ビートを学ぼう

 

音楽制作や演奏をする上で重要な事、それはリズムをとる事です。

リズムが崩れてしまうと楽器同士の演奏が合わなくなり、聴いている人も不快に感じてしまいます。

 

今回はリズムの基本、【拍】について学んでいきましょう!

 

拍とは

 

拍とは

 

拍とは、一定のタイミング刻むリズムの事をいいます。英語でビートといいます。

まずは次の楽曲を聴いてみましょう。

 

 

 

 

これに一定のリズムを付けると、次のようになります。

 

 

 

ライブで手叩きする感覚ですね。

常に一定の間隔でリズムを刻んでいるのが確認出来るかと思います。

このリズムの「パン」1個分が1拍です。

 

テンポとは

 

BPM FAST&SLOW

 

バンドやカラオケで「この曲テンポ速くて大変!」と感じたことはないでしょうか?

テンポとは音楽の速度の事で、拍と拍の間隔で比較することが出来ます。

 

以下の音を確認してみましょう。

 

 

前半の拍と拍の間隔より、後半の拍と拍の間隔の方が狭くなっています。

 

拍と拍の間隔が広い=テンポが遅い  / 拍と拍の間隔が狭い=テンポが速い

となるので、この場合「後半はテンポが速くなった」という表現をするわけですね。

 

BPMとは

 

BPM

 

テンポの速い遅いは何となくわかっても、作曲や演奏する人により感覚は違うので伝えたり覚えるのが大変です。

そこで登場するのがBPM。音楽のテンポを表してくれる単位です。

 

BPMとは英語で ”Beats Per Minute” の略で、1分間の拍の数をいいます。

実は心拍数も同じくBPMという単位で、1分間で心臓が何回脈打つかを表しています。

 

 

えば1分間に60、拍を刻んでいればBPMは60です。

1分間に120、拍を刻んでいればBPMは120です。

 

BPMの変化の確認

実際に拍を変えたリズムで確認してみましょう。

以下のリズムを順番にBPM60 ⇒ BPM 110 ⇒ BPM 180と変えていきます。

 

 

大分印象が変わりますね。

このように、数字が大きければ大きいほどテンポは速いということになります。

 

ジャンル別のBPM

 

曲によって幅はありますが、ジャンルによりおおまかなBPMに分かれています。

手叩きして一定のリズムを取ってみると感覚がつかめるかと思います。

 

BPM 60~80 バラード、レゲエ

 

BPM 70~110 HIPHOP、R&B

 

BPM 90~120 ロック

 

BPM 120 ポップス

 

BPM 128  EDM

 

BPM 128~140 テクノ

 

BPM170~190  ドラムンベース

 

まとめ

 

今回は音楽の基本となる拍・ビートについてご紹介しました。

 

・まったりなテンポ =  スローテンポ

・中くらいのテンポ = ミドルテンポ

・速いテンポ = アップテンポ

 

とも表現します。

作曲もいつも同じではなくテンポを変えて、様々な雰囲気に挑戦していきたいですね!

次回は実際にリズムをとる練習方法をご紹介します。

 

 

Pocket