MIDIキーボードでリアルタイム録音デビュー!/コード打ち込み編

Pocket

Realtime MIDI Recording

パソコンと作曲ソフトがあれば、マウスで音を打ち込んで作曲することが出来ます。

しかしここはやはり音楽。実際に鍵盤を演奏して録音するとモチベーションも上がりますし、スピーディに作曲できます。

今回はMIDIキーボードを使ったリアルタイム録音 第一弾として、
音楽の3要素 「リズム・メロディ・ハーモニー」 の中のひとつ、
「ハーモニー(コード)」をリアルタイムで録音する方法をご紹介します。

なお今回は鍵盤初心者の方でも打ち込みやすいよう、指1本で演奏できるコードパッドを使った方法で進めていきます。

※ソフト音源やコードパッドを初めて触る方は、以下の記事を先にお読みいただくと、よりスムーズです。

Halion Sonic SE 入門pt.1 音色の選択

Halion Sonic SE 入門pt.2 ソフト一つで16種類の音色を出す方法
3分でコード進行を作ろう!Cubase コードパッド

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

MIDIキーボードの設定

MIDIキーボード接続

まずはCUBASEを起動する前にMIDIキーボードをパソコンに接続しておきましょう。MIDIキーボードが装備している端子により接続方法が変わります。

USB端子があるMIDIキーボード

USBケーブルでパソコンへ直接接続

USB端子が無いMIDIキーボード

MIDIケーブルでオーディオインターフェイスに接続
オーディオインターフェイスをUSBケーブル等でパソコンへ接続

MIDIキーボードを接続したら、CUBASEを立ち上げましょう。

MIDIポート設定

MIDIChords (1)

次は MIDIキーボードが認識されているか確認します。

スタジオ ⇒ ② スタジオ設定 ⇒ ③ MIDIポートの設定 ⇒ ④ MIDIイン一覧を確認

MIDIイン一覧にお使いのMIDIキーボード (もしくはオーディオインターフェイスのMIDI IN) の名前が表示されていれば無事設定されています。

万が一 表示されていない場合は一度CUBASEを閉じ、MIDIキーボードの取扱説明書の手順に従ってMIDIキーボードが使えるように設定しておきましょう。

打ち込み準備

ソフト音源立ち上げ

MIDIChords (2)

まずは楽器の音を出すために、Halion Sonic SEを立ち上げましょう。

①トラックを追加 ⇒ ②インストゥルメント ⇒ ③Halion Sonic SE ⇒ ④トラックを追加

音色選択

MIDIChords (3)

Halion Sonic SEが起動したらピアノの音色を設定しておきます。

① スロット1 ⇒ ② ロード ⇒ ③ Piano ⇒
④ A.Piano ⇒ ⑤ [GM001]Acoustic Grand Piano

チャンネル設定

次は打ち込み用のMIDIトラックを立ち上げ、チャンネル1に設定します。

① トラックを追加 ⇒ ② MIDI ⇒ ③ トラックを追加 ⇒ ④ チャンネル1

コードパッド準備

MIDIトラックを選択したら、下ゾーンからコードパッドを開きましょう。
今回はコードパッドのプリセットを【Major Scale Key C】に設定します。

① MIDIトラックを選択 ⇒  ② コードパッド ⇒  ③コードパッドのプリセット ⇒
④コードパッドのプリセットを読み込み ⇒  ⑤Major Scale Key C

クリックとループの設定

今回はテンポをゆっくりめにして4小節分打ち込みたいと思いますので、以下の設定にしましょう。

テンポ:90
メトロノーム:オン
サイクル:オン
ロケーター範囲:2~4小節目まで

設定が完了したら、ループ再生しながら鍵盤でコード進行の練習をしましょう。