MIDIキーボードでリアルタイム録音デビュー!/コード打ち込み編

Pocket

Realtime MIDI Recording

パソコンと作曲ソフトがあれば、マウスで音を打ち込んで作曲することが出来ます。

しかしここはやはり音楽。実際に鍵盤を演奏して録音するとモチベーションも上がりますし、スピーディに作曲できます。

今回はMIDIキーボードを使ったリアルタイム録音 第一弾として、
音楽の3要素 「リズム・メロディ・ハーモニー」 の中のひとつ、
「ハーモニー(コード)」をリアルタイムで録音する方法をご紹介します。

なお今回は鍵盤初心者の方でも打ち込みやすいよう、指1本で演奏できるコードパッドを使った方法で進めていきます。

※ソフト音源やコードパッドを初めて触る方は、以下の記事を先にお読みいただくと、よりスムーズです。

Halion Sonic SE 入門pt.1 音色の選択

Halion Sonic SE 入門pt.2 ソフト一つで16種類の音色を出す方法
3分でコード進行を作ろう!Cubase コードパッド

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

MIDIキーボードの設定

MIDIキーボード接続

まずはCUBASEを起動する前にMIDIキーボードをパソコンに接続しておきましょう。MIDIキーボードが装備している端子により接続方法が変わります。

USB端子があるMIDIキーボード

USBケーブルでパソコンへ直接接続

USB端子が無いMIDIキーボード

MIDIケーブルでオーディオインターフェイスに接続
オーディオインターフェイスをUSBケーブル等でパソコンへ接続

MIDIキーボードを接続したら、CUBASEを立ち上げましょう。

MIDIポート設定

MIDIChords (1)

次は MIDIキーボードが認識されているか確認します。

スタジオ ⇒ ② スタジオ設定 ⇒ ③ MIDIポートの設定 ⇒ ④ MIDIイン一覧を確認

MIDIイン一覧にお使いのMIDIキーボード (もしくはオーディオインターフェイスのMIDI IN) の名前が表示されていれば無事設定されています。

万が一 表示されていない場合は一度CUBASEを閉じ、MIDIキーボードの取扱説明書の手順に従ってMIDIキーボードが使えるように設定しておきましょう。

打ち込み準備

ソフト音源立ち上げ

MIDIChords (2)

まずは楽器の音を出すために、Halion Sonic SEを立ち上げましょう。

①トラックを追加 ⇒ ②インストゥルメント ⇒ ③Halion Sonic SE ⇒ ④トラックを追加

音色選択

MIDIChords (3)

Halion Sonic SEが起動したらピアノの音色を設定しておきます。

① スロット1 ⇒ ② ロード ⇒ ③ Piano ⇒
④ A.Piano ⇒ ⑤ [GM001]Acoustic Grand Piano

チャンネル設定

次は打ち込み用のMIDIトラックを立ち上げ、チャンネル1に設定します。

① トラックを追加 ⇒ ② MIDI ⇒ ③ トラックを追加 ⇒ ④ チャンネル1

コードパッド準備

MIDIトラックを選択したら、下ゾーンからコードパッドを開きましょう。
今回はコードパッドのプリセットを【Major Scale Key C】に設定します。

① MIDIトラックを選択 ⇒  ② コードパッド ⇒  ③コードパッドのプリセット ⇒
④コードパッドのプリセットを読み込み ⇒  ⑤Major Scale Key C

クリックとループの設定

今回はテンポをゆっくりめにして4小節分打ち込みたいと思いますので、以下の設定にしましょう。

テンポ:90
メトロノーム:オン
サイクル:オン
ロケーター範囲:2~4小節目まで

設定が完了したら、ループ再生しながら鍵盤でコード進行の練習をしましょう。

録音モード設定

練習が終わったらいよいよ本番です。まずは録音しやすいように、CUBASE画面下部にある各モードを以下のように設定しておきましょう。

MIDIChords (4)

共通録音モード

左ロケーター位置から録音開始/パンチイン位置

意味:どこにプロジェクトカーソルがあっても、ロケーターの始まりから録音します。

MIDI録音モード

MIDIリニア/サイクル録音: 新規パート

意味:元々録音したイベントがあっても、上書きしないで新しいイベントを作ります。

MIDIサイクル録音のみ: 最終テイクを保存

意味:繰り返し録音した際、最終テイクのみ保存します。

MIDIChords (5)

メトロノーム設定

クリックオプション:すべてチェック

意味:録音中・再生中・カウントイン全てにクリック音を鳴らします。

カウントイン内の小節数:1

意味:録音ボタンを押してから1小節分クリックをカウントしてから録音開始します。

録音

準備が出来たら録音を行いましょう!
トランスポートパネルの録音ボタンをクリックすると、1小節のカウントが入った後に録音が開始されます。

途中で間違えてしまっても最後まで進むと自動的にループ(再録音)するので、停止せずに頭から演奏し直せばOKです。

無事録音が完了したら停止しましょう。
なお停止する時は、必ずプロジェクトカーソルがロケーター範囲の頭に戻ってからにしましょう。
戻る前に停止してしまうと、せっかく録音した内容が消えてしまいます。

再生

ルーラー上の2小節目をダブルクリックして、先ほどの録音を再生しましょう。

このままではリズムのずれや音の強さのバラつきが気になりますので、補正していきます。 イベントをダブルクリックするとエディターが開くので、右側のボタンから最大化しておきましょう。

タイミングの補正

CUBASEでノートの位置を自動で合わせてくれる機能を【クオンタイズ】と呼びます。
今回はこの機能を使って一気にタイミングのずれを補正していきましょう。

クオンタイズ値

クオンタイズプリセットが【1/8】になっていることを確認します。
これは「8分音符単位でタイミングを合わせる」という意味になります。

quantize

次に画面上で【CTRL(Command)+A】を押すと全てのノートが選択されます。
その状態でキーボードの【Q】を押すと、クオンタイズが一発で完了します!

ベロシティ

次は音の強さ【ベロシティ】を調整していきましょう。
ベロシティとはあくまで音の強弱を変えるものであり、音量を変えるものではありません。

例えばピアノを素早く打鍵するときらびやかなアタックの強い音になりますが、優しく弾くとこもったような柔らかい音色となります。

これを表現するのがベロシティです。楽器の全体的な音量に関してはこれとは別で、ミックスダウンの際に行います。

コントローラーレーン

MIDIChords (6)

キーエディター下部を見ると、横線で区切られている【コントローラーレーン】があり縦の棒が並んでいるかと思います。

これがベロシティです。このバーが高いほどベロシティが強く、低いほど弱くなります。

もしコントローラーレーンが低くて見づらい場合は、エディターとの境界線をドラッグして広くしておきましょう。

縦棒を一つずつクリックすると調整できるので、早速強弱を付けてみましょう。
また、【ラインツール】からと【直線(ライン)】や【カーブ線(放射線)】を選択すると、ドラッグして楽に抑揚をつける事も可能です。

ループ処理

コード進行が打ち込めたら、キーエディターを閉じてイベントを複製しておきましょう!これだけで曲っぽくなりましたね。

まとめ

今回はリアルタイム録音第一弾として、ハーモニー(コード)を打ち込む方法をご紹介しました。
コード進行が完成するだけで、アイディアがどんどん浮かんでくる!なんて事もありますので、是非挑戦してみてください。

Pocket