曲の途中でBPMを自由に変更する方法【CUBASE テンポトラック】

Pocket

テンポトラック

楽曲の途中でテンポを変更したくなる事はありませんか?
今回はCUBASEで自由にテンポを設定出来る方法をご紹介します。

環境・出典:WINDOWS 10、CUBASE PRO 10

基本のBPM設定方法

まずは曲を通して一定のテンポにする設定する方法をご紹介します。
CUBASE下部右側に、テンポ(BPM)を設定できる場所があります。

※例:80.000ならBPM80、125.000ならBPM125

・ スピンボタンをクリック  ・スクロール  ・数値を入力  
いずれかの方法で数値を変更することが出来ます。

なお、この方法では曲全体のテンポとして設定されるので、曲の途中でテンポを変更する事は出来ません。

テンポトラックを使ってBPM設定

次は【テンポトラック】という機能を使って、曲の途中で自由にテンポを変更する方法をご紹介します。

【プロジェクト】【テンポトラック】と進み、テンポトラックエディターを開きます。

テンポトラック12

テンポトラックエディターが開いたら、見やすいようにサイズを小さくして下半分に配置しましょう。

もし操作途中でテンポトラックエディターが隠れてしまった場合は、
【CTRL(MacはCommand)+TAB】で最前面に移動できます。

テンポトラックエディターの見方

テンポトラックエディター解説

テンポトラックエディターは通常の画面と同じように、
スクロールバーを使った移動や幅の調整が行えますので、見やすいサイズに調整しておきましょう。

画面の見方

ツールバーテンポカーブを描いたり消したりするほか、各種設定が出来ます。
ルーラープロジェクト上の位置を確認出来ます。
テンポスケールBPMです。上に行くほど速く、下に行くほど遅くなります。
テンポカーブテンポの変化を点(マーカー)と線で表示します。
準備

まずはツールバー左から テンポトラックをオンにし、右から情報ラインの表示ボタンをオンにしておきましょう。